不用品の処分にこまった体験談

東京八王子に10カ月ほど前まですんでいました。

10年ほどすんでいましたが、一度も掃除はしたことがなかったです。

まさに汚部屋でした。

ゴミだらけでした。

引越しのブログ 19

片付けるといったものは、生ごみぐらいで、チラシとか臭くならないものは、基本的にほったらかしでした。

ワンルームに住んでおりました。

お風呂場のあるくところまで、チラシや不燃物で、あふれかえっていました。

蛍光灯、豆電球、電池、地デジでつかえなくなった、テレビなどがお風呂の歩くところにおいてありました。

トイレもお風呂とっしょなのですが、トイレにはいるときは、不用品の上に足をのせておりました。

いざ引っ越しするときになったときに、大変だったのが、使えなくなったテレビや、ブラウン管のPCモニター、小さい冷蔵庫でした。

チラシやなどは可燃物のごみ袋に、ジャンジャンいれていけばなんとかなりましたが、でも、ゴミ袋をたくさんだしていたら、近所の人にゴミ屋敷?なんていわれました。

不用品のテレビや、ブラウン管の処理にそれぞれ、3千円、小さい、おもちゃみたいな冷蔵は、なんと5千円かかるといわれました。

冷蔵庫は、さすがに高いとおもいましたので、実家に引っ越しするさいにもってきました。

なんとか、実家に引っ越せてよかったです。

現在は、マメにゴミを捨てています。